Home / バンクーバー発列車の旅 / シアトル行 カスケード号 / バンクーバーからシアトルへ行くアムトラック列車の切符の買い方(その1)

 

バンクーバーからシアトルへは列車が景色がよくておすすめ、と当サイトではお伝えしました。

切符はオンラインで自力で購入できますし、窓口で列に並んで購入するよりも、むしろ自力で購入しておくべきと思います。

ここでは購入方法をお伝えします。

 

 

まずはアムトラックのホームページへ。

 

 

ページ下側の「Buy Tickets」に色がついていて、その下に

「One Way(片道)」 「Round-Trip(往復)」 「Multi-City(複数の行き先)」の三つを選べるようになっています。

 

これらはあとからでも変更できるのですが、まずは「One Way」のまま進んでみましょう。

その下の「From」に出発地を入力します。(半角英数で入力)

 

vancouver

 

 

ここではバンクーバー(Vancouver)からの例をお示しします。

二文字入力すると候補が出てくるのですが、vaだと候補が多すぎるので、4文字でvancと入力してみます。

もちろん綴りをすべて入力してもよいのですが、その場合は一文字でも間違えると表示されません。

 

 

 

Vancouver – Pacific Central Station Canada, BC (VAC)  (カナダ、BC州)

Vancouver – USA, WA (VAN) (アメリカ、ワシントン州)

 

の二つが表示されます。

われわれが出発するのは、カナダ、BC州のバンクーバーです。間違わずに選びましょう。ワシントン州にあるバンクーバー駅も同じ綴りなのがややこしいところです。

 


vanc-vancouver

 

 

次に右側の「To(行き先)」の入力です。

シアトル(Seattle)も先頭のseの二文字から候補が表示されるのですが、多すぎるので四文字seatを入力します。

 

 

seattle

 

 

Seattle – King Street Station, WA (SEA)

Seattle – Ferry Pier 69, WA (SVF)

 

の二つが表示されます。

ちょっとややこしいのですが、シアトル「駅」は上記の”King Street Station”なので、こちらを選択します。

 

 

 

ここまでで「バンクーバーからシアトルまで」、の入力が完了しました。上のように表示されているはずです。

その右側で、出発日と時間帯を入力します。

 

ここでは問い合わせがあったので、さらに往復切符の場合も含めて説明を続けます。

 

往復切符の場合は、左上のボタンの「Round Trip」を押すと切り替わります。

日付を選ぶボックスが増えて、往路と復路をそれぞれ選ぶようになります。

 

 

「Depart」の右側にあるカレンダーのマークを押してみましょう。

 

 

ここでは2015年10月22日を選択してみました


カレンダーをクリックすると、上のように日付が入力されます。

さらにその右側は時間帯で、

 

Anytime(時間帯指定なし)

Morning(午前)

Afternoon(午後)

Evening(夕方以降)

 

の4つから選ぶことができます。

ここではバンクーバーを午前中に出発するべく、「Morning」を選んでみました。

 

 

さらに、Return(復路)の日付を選んでみます。「One Way(片道)」の方はこの入力は不要です。

 

 

 

帰りを10月22日の夕方で選んだ場合の例です。

return evening

 

上記のような入力になります。

 

それでは、その下の段の人数の入力に移りましょう。

左から年齢に応じて

Adult(13~61歳)、Seniors(62歳以上)、Children(3~12歳)、Infants(2歳以下=無料)となります。

 

 

上記の例では娘さんと二人のお孫さんと往復する予定の方から問い合わせがあったので、モデルケースとして大人一人、高齢者一人、子供二人の合計4人で入力してみました。

 

人数を入力すると、上記のように、人数分のボックスが、さらに下に表示され、「Select(選択してください)」となっているはずです。

 

この例ですと4人分ですので、Passenger(乗客)1~4の4つのボックスが「Select」となって表示されているのがわかると思います。

 

それぞれには、身障者、軍属やその家族などのさまざまなタイプも含まれるのですが、ここでは日本人旅行者は大人=Adult、高齢者=Senior、子供=Childを選択するほかありません(身障者の方は、あらためてコメントで当方に問い合わせてください)ので、迷わず選びましょう。

 

 

あえていうとISICという国際学生証の保有者は、割引がきく列車もあるので当てはまるなら選んでおいて損はないでしょう。

 

大人二人、高齢者一人、子供二人の合計4人で、バンクーバーからシアトルへ往復する例としては、上記のようになるはずです。

ここまで入力したら、右端にある「FIND TRAINS」(列車の検索)ボタンを押します。

 

以下(その2)へ続きます。

 

 

 
Share this page
 

6 Comments

  1. こんにちは。至急教えて欲しいです。このHPをみてアムトラックのチケット予約をしてみたんですがメールが来ません。購入ボタンを押すと英語の赤文字で長文で書かれてその下に支払い情報がでてきて確認かと思い購入ボタン3回押してしまいました。これってまだ購入できていないんでしょうか?それとも重複になってしまってるんでしょうか?メールってすぐ来ますか?

     
    • >りさ様
      購入ボタンを押すと数分も経たないうちにメールが来ます。メールが来ないということは、購入が成立していません。
      赤文字のメッセージは、「⚫︎⚫︎の入力に不備があります」というような警告だと思います。そこを直せば購入できるはずです。
      アムトラック切符を誤って購入しても24時間以内ならキャンセル可能で全額返金されるはずですが、購入ボタンを複数回押すのはたくさん請求される危険があるので今後気をつけましょう。

       
  2. 早いお返事ありがとうございます。何故かコメント画面が見えずまた投稿してしまいました。無視して下さい( ; ; )
    もう期限切れになってしまいその画面は見えないんですがおそらくさっきうった支払い情報が何回もでてくるので住所間違いかと思います。郵便番号が全桁入らなかったです。予約番号とかもでてこなかったので調べようもないしまた最初からとってみようと思うます。

     
  3. 何度もすみません( ; ; )もう一回挑戦してみたらスムーズに予約番号画面がでてメールもすぐに来ました!前のが心配ですが、、これでやっと予約完了したんですよね?これを印刷すればいいんですね?iPhoneでとったのですが画面を見せるだけではだめですか?印刷必要ですか?
    それとアメリカ行きには別の用紙に記入するみたいですがEstaはとったほうがいいでしょうか?

     
    • >りさ様 予約完了おめでとうございます。メールが来ていなければ予約されていないので、前のものは心配不要と思います。念のため、過剰に請求がきていないかクレジットカードの請求書は確認しておきましょう。
      メールには、PDFファイルが添付されているはずです。この添付のPDFファイルがQRコードのついた切符で、印刷して持参する必要があります(メールそのものの印刷ではありません)。iPhoneでとっておくのはとても有効ですが、切符を買った証拠になるだけで、駅で切符としては認識されないと思います。iPhoneを切符売り場で見せて、窓口で切符を印刷してもらうという手間が発生するので、面倒です。切符を印刷して持っていけば、窓口に行く手間を省いて直接乗車口の列に加わることができます。というか皆そうしているので、印刷して持って行かないと乗車が遅くなりますよ。

      陸路(バス・列車・車)でアメリカに入国する場合はESTAは不要です。ESTAは飛行機のためです。

      入国用書類の記載は、駅で用意されていて乗車前に記入するように言われます。

       
  4. 色々ありがとうございました。本当に助かりました!画面みせるだけではやっぱりだめなんですね。ちゃんと印刷していきます。他の方のブログ等でEsta持ってたほうがスムーズとか書いてあったので気になってましたが用紙記入で大丈夫なんですね。eチケットと用紙記入で乗車できるんですね?初めての個人手配で分からないことだらけで本当に助かります。また何かあればお願いします。

     

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です