Home / 豆知識 / 映画「バンクーバーの朝日」を観た個人的感想と辛口評価

 

映画「バンクーバーの朝日」を観ました。おすすめです。

より多くの人にバンクーバー朝日軍の存在が知られれることは、すごく素敵なことだと思います。

 

 

ここでは、個人的感想を述べます。評価としては辛口です。

内容が含まれるかもしれないので、まだ観ていない人は映画を観てから読んでください。

 

 

先に良かった点を挙げます。

・原作のストーリー(これは映画をほめているわけではありませんが)

・豪華キャスト

・手のこんだセット(栃木県足利市で撮影されたそうですが、すばらしいセットで、本当に昔のバンクーバーの街並みのようでした)。

 

 

これらを踏まえて評価すると、私個人としては平均点以下、10点中4点くらい。

 

ひとつ、大きな欠陥があるように思います。

 

この映画が、「外国で日本人が頑張った話」として描かれていることです。

もしそれが意図するところならば、主人公の父親たち移民一世を主役とするべきで、それはそれで素晴らしい映画ができると思います。

 

しかし、これは朝日軍の話なので、「日系という出自を理由に同じカナダ人から差別を受けたカナダ人が野球試合に勝つことで偏見を見返した話」として描かれるべきだと思います。

 

これは、映画の作り手が、日本人と日系人をひとくくりに「日本人」としてとらえているからではないでしょうか。

私も日本で生まれ育ったので、このような感覚はわかります。

オリンピックで日系人の活躍(だいたい名前で分かりますよね)を観ると、外国選手なのに日本人選手の活躍のように嬉しかったりします。

 

 

日系人にとっての「日本」は先祖や親戚の国であって自分の国ではありません。

自分はカナダ人なのに、なぜ同じカナダ人から差別されるのか、という不満がもっと適切に表現されないと、原作の趣旨が伝わらないのではないかと思います。

 

朝日軍の活躍は太平洋戦争前の話なので、戦争を抜きにしても不当に差別されていた、ということをもっと説明する必要があるかもしれません。

 

第二次世界大戦が差別を助長したとしても、同じ枢軸国側のドイツ系やイタリア系カナダ人は財産の没収や強制移住とまではならなかったわけで、やはり「日系」が不当に差別されたといわざるをえません。

 

自分はカナダ人なのに、「日系」という出自でなぜ差別を受けるのか?

 

日本人の俳優・女優を起用しているので、いくら演技力があっても「生まれも育ちもカナダの日系人」を演じるのは難しいと思いますが、それにしてももう少しうまい作り方があったのではないか。

演技力のある豪華キャストがそろえられているだけに、残念に思います。

 

 

 

外国で生きていくと、さまざまな困難に直面します。

相手が外国人でも腹は立ちますが、外国で日本人に騙されたり冷遇されるほうがショックが大きいように思います。

おそらく、日本人を「身内」と妄信し、身内に傷つけられたように思うからでしょう。

 

 

主人公の父親(佐藤浩市)は作品中でとても大きな位置づけです。

日本にいる親戚にいいところを見せようと無理に送金を続ける姿なんか、私はとても共感します。

彼にとっては、日本と日本にいる人たちが身内で、カナダ人は非身内(私の造語です)。

 

英語ができないとコミュニケーション力がかなり劣るので、移民一世にとっては、冷遇されても差別というよりは、実力差と納得できる面が多かったのではないかと思います。

 

 

主人公たち朝日軍のメンバーは、父親の世代と異なり、生まれも育ちもカナダです。

だからカナダ人が「身内」なのに、身内から差別・冷遇されてよりいっそう苦しいわけです。

父親とは逆の「身内感覚」が、この映画では表現されておらず、それがこの映画の最大の欠点のように思います。

 

主人公の妹の学校生活が「身内感覚」の違いを描出する役割だと思いますが、弱い。

まるで語学留学中の日本人学生が、成績はいいのに上の学校へ行けないような雰囲気になっています(女優さんの演技はすごくよいので、あしからず)。

 

 

このページの後半に、Sleeping Tigerというカナダで作られたドキュメンタリーを掲載しました。

インタビューでは朝日軍のメンバーの日系人、対戦相手の白人ともに訛りのない英語を使っており(どちらもカナダ人ですから当たり前ですが)、違いが肌の色、人種だけなことがよくわかると思います。

 

 

野球チームの話に焦点をおき、戦争による強制収用などの話に時間をかけなかったのは、よかったと思います。

 

この映画の作り方で収容所の話を描くと、日本人の兵隊が捕虜生活をくじけずに過ごした、というような話と似てしまいます。

 

身内・味方に裏切られ、なにが敵か味方か、誰が身内なのかわからなくなったときに、どうするか?

自暴自棄になったり、逆に人を傷つけ返そうと思ったりはしないか?

 

何十年も前に存在した朝日軍のメンバーは、身内に冷遇されても、野球というフェアな活動に励み、さらに野球に勝つことで見返し、人々を勇気付けた。

野球での活躍にも関わらず戦争によってさらに過酷な運命をたどったという事実は、世の中の不条理さ以外のなにものでもありません。

 

原作が本当に素晴らしいことで、この映画がなりたっているように思います。

 

映画が父親(佐藤浩市)に寄りすぎていて、日本人以外の人を魅了しにくくしているように思います。

原作の身内感覚をもっとうまく表現できれば、このストーリー自体は国を問わず、普遍的に人々を魅了するはずです。

 

 

もうひとつ映画で不満なところがあります。

 

主人公が、頼りなく、すぐに謝る、はっきりもののいえない人物として描かれています。

「そういうところが日本人はだめなんだ」と日本人に叱責されたりもします。(たしかこんな台詞だったように思いますが、ちょっと違うかもしれません)

典型的な日本人、という人柄がうまく演じられていました。

 

一方で、映画そのものに、沈黙だったり、やたらダルイ間があるのです。

小津安二郎の映画のような、無言がかえって多くを語る、というような間ではありません。

日本人の私が観ていてもイライラするのです。もっとキビキビ話を進めようよ、何が言いたいの?と思ってしまう。

 

この映画は日本人向けで、世界を相手に作っているわけではないのは承知しています。それでも、あえて言わせてもらうと、もし外国で上演するとすればこのテンポは間違いなく受けが悪いと思います。

そして、曖昧ではっきりしない間が多い、「日本人的」な映画と思われることでしょう。

主役の人柄で示さずとも、映画の流れそのものが「日本人に特徴的なあいまいさ」を示しているのは、ちょっと皮肉に思えます。

そこまで意図して作られているのかもしれませんが。

 

 

他のページでも述べましたが、私はドキュメンタリー、特にカナダで作られた「Sleeping Tiger」がもっとも見ごたえがあるように思います。映画とあわせてぜひご覧ください。

 

 

 

あわせて読みたい

戦時中の日系人について詳しく記載されているのがこちら(Amazon.caの取り扱い)

 

 
Share this page
 

One Comment

  1. 私は、バンクーバー朝日の、収容所の、川を挟んだ橋の話が、無かったのが、残念に思います。

     

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です