Home / バンクーバー発列車の旅 / シアトル行 カスケード号 / アメリカ・カナダ国境の街Bellinghamはアラスカ行きフェリーの出発点

 

バンクーバーからシアトル行きのカスケード号に乗ると、カナダ内では停車駅はなく、最初の停車駅はアメリカのBellinghamです。

 

bellingham-train

プラットホームから前方に海が広がってるのが見えます。

 

 

 

駅から歩いてすぐのビーチが、公園になっています。

夏の天気のいい日は泳いでいる人もみかけます。バーベキューに最適ですね。

 

 

 

 

 

昔の駅は市街地にあったのですが、いまは市街地とは離れた、アラスカ行きのフェリー乗り場の前に駅があります。

 

 

 

 

 

アラスカはクルーズ船の夏の行き先として人気です。

クルーズ船だけでなく、アメリカ領の飛び地として公共のフェリーも定期的に運行されています。Alaska Marine Highwayと名づけられています。

 

 

 

 

 

フェリーターミナルは巨大です。観光船の発着もあるのですが、定期便の出航日以外はガラガラです。

 

 

 

 

 

 

駅の切符売り場に隣接して、グレイハウンドバスの切符売り場と、タクシーの営業所があります。

 

駅にはタクシーやホテル予約の無料電話があるので、飛び込みで訪問してもなんとかなります。

が、旅行者向けの見所はあまりないかもしれません。

 

 

Bellinghamには空港があり、LCC(低価格航空会社)が中心となってアメリカ各地と結ばれています。

カナダはほとんどなにもかもがアメリカよりも高い(航空券、空港使用料、空港の駐車場代、税金など)ので、バンクーバー在住の人の中でも一部の人は、Bellingham空港へ車で行き、そこからロサンゼルスやニューヨークへと飛行機で移動する人がいます。

車がないと行きにくい空港なので、日本人旅行者には有用ではないでしょう。

 

週末にBellinghamで買い物、というバンクーバー在住の人もちらほら見かけます。

 

バンクーバーに住む人にとっては知られたアメリカの町なので、日常会話に出てくることもあり、名前だけでも知っておいて損はないかもしれません。

 

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です