Home / 豆知識 / 経営絶好調のカナディアンナショナル鉄道の株価も右肩上がり

 

 

 

旅客列車の廃止が相次いで風前の灯に見えるカナダの鉄道だけれど、旅客部門がダメなだけで鉄道会社そのものはいたって健全経営です。

旅客列車を廃止したからこそ経営がうまくいっている、ともいえます。

 

2014年6月某日のカナディアン・ナショナル鉄道の株価チャートを示しました。

5年間で3倍に上昇しています。最近の2年間だけでも2倍なので、アベノミクスを上回るパフォーマンスだ。

 

カナディアン・ナショナル鉄道は、「カナディアン」を名乗るけれどアメリカ合衆国にも路線網を有し、アメリカ大陸全体のネットワークを誇る超巨大会社です。利益率は高く、業績は安定しており、優良銘柄としてよく紹介されています。投資好きな人には有名な銘柄です。

ビル・ゲイツが資産運用としてカナディアン・ナショナル鉄道の株を大量に保有していることでも知られています。最近も、「大金持ちがさらに大金持ちになっている」と株価の上昇とともに、ビル・ゲイツが労せずして巨富を得ていることが報じられていました。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です