Home / 時刻表 / バンクーバー~トロント間のカナディアン号時刻表(途中駅からの乗車は遅延に注意)

 

 

バンクーバー~トロント間のカナディアン号は、とにかくよく遅れます。

 

部分的な利用であれば、途中駅で待たされるのは苦痛なので、始発のバンクーバーかトロントから途中駅までの利用がよいと思います。始発から遅れることはそれほど多くありません。

 

寝台の客はビジネスラウンジを使用できるので、待ち時間が長くても苦痛は軽減されますが、きちんとしたラウンジがあるのは、バンクーバー・トロント・ウィニペグくらいなので、やはり始発駅からの利用が良いと思います。

 

時刻表の紹介と、出発日の注意点を。

 

バンクーバーからの出発は午後8時30分で、火曜日と金曜日の週2便。夏期(4月下旬から10月上旬)は日曜日発の1便が増便され、週3便になります。

途中駅で乗り降りする場合に、その駅での出発や到着が何曜日になるのか気をつけなければいけません。

時刻表に曜日を書き込んでおいたので参考になれば幸いです。( )で示したものは夏期のみの増便分なので要注意。

 

(時刻表をクリックすると拡大します)

 

 

トロントからの出発は午後10時で、火曜日と土曜日の週2便。

夏期(4月下旬から10月上旬)は木曜日発の1便が増便され、週3便になる。

 

途中のジャスパーからバンクーバーまで乗車する場合は、トロントの3日後なので金曜日と火曜日の2便になります(夏期は月曜日に増便)。

先に述べたように列車の遅延が多いので、ジャスパーから乗車するときはかなり待たされる可能性があります。

予定通りに旅行を勧めたいのであれば、少しでも遅延のリスクの少ない始発駅からの利用がおすすめです。(「バンクーバー → ジャスパー」の方が「ジャスパー → バンクーバー」よりも待たされるリスクが少ない)

 

(時刻表をクリックすると拡大します)

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です