Home / バンクーバー発列車の旅 / 大陸横断 カナディアン号 / バンクーバーからジャスパーを経由してトロントへ行くカナディアン号はアメリカ大陸の最長距離列車

 

 

 

バンクーバー〜トロント 4泊5日というとてつもない長い行程の列車です。

 

日本からの旅行者の多くは、バンクーバーからジャスパーまで1泊2日の利用でしょう。景色が変化に富んでいるのもこの区間です。

 

 

カナディアン号の時刻表を見るときには、自分の乗る区間が列車が始発駅を出てから何日目なのか、何曜日なのかをよく確認しなければいけません。

 

車両を先頭からおおまかに列挙すると、

座席車(コーチ)

②座席車の乗客用の展望車(ドームカー)

③食堂車

ここから先は座席車の客は立ち入り禁止

④寝台車の乗客用の展望車(ドームカー)

⑤寝台車(個室と、カーテンで仕切るだけの開放型寝台の両方があります)

最後尾展望車パークカーという、伝統的スタイルの車両です)

となります。

 

車両そのものはかなり古く、wifiはありません。

コンセントは各車両についています。

 

 

いくつか種類がありますが、大きく分けると座席車か寝台車かの二択です。

 

値段は上がるけれども寝台車の利用がおすすめです。

 

寝台車の切符は食事込みですが、座席車の客は自分で食料を確保しなければいけません。

 

あらかじめ買い込んで冷たい食事を続けたり(トースターとお湯は使える)、座席車に乗りながら安くない食堂車代を払うくらいなら、寝台車の利用の方がコストパフォーマンスが高いと思います。

 

正規運賃はそれなりに高いので、割引切符を購入するとよいでしょう。

 

 

食堂車の利用に限らず、寝台車の客には最後尾展望車(パークカー)の利用やコーヒー・ジュースなどの飲料、ワインテイスティングなどのイベント、と様々な特典があるのも良い点です。

 

寝台車には共用のシャワーが各車両についていて、タオル・シャンプー・石鹸は利用客それぞれに個別に用意されています。

 

 

 

私は座席車も寝台車も利用してみましたが、座席車は横になれないことよりもシャワーがないことが予想以上にしんどいと思いました。

 

もし2泊以上乗車するようなら、シャワーが付いている恩恵は大きいのでやはり寝台車がおすすめです。

 

 

エコノミークラスと呼ばれる座席車の良い点は、なにより値段が安いことと、スペースがそれなりに広いことです。

バスの座席や飛行機のエコノミークラスよりははるかに快適です。

 

 

足回りはかなり余裕があるし、フットレストがついていたり、仮眠がとりやすいようになっています。

車両の一部座席は向かい合わせの4人がけで、この席でフットレストを使うとベッドに近い状況になります。

一人旅でこの4人がけを占拠するのはマナー違反ですが。

 

 

プライバシーはありませんが、乗務員が乗客を把握しているので安全には問題ありません。

エコノミークラスはシャワーが気にならないのならお勧めできます。

 

 

 

割引切符を買うのが重要と述べましたが、VIA のホームページを見る際に、”Fares and Offers”->”Special offers”をチェックするのが重要です。

 

残席のバーゲンだったり、期間限定割引(クリスマスセールや、火曜日割引、なんてのもある)だったり、色んなものがあります。

 

最近の”Express Deal“をみるとエコノミーの残席でバンクーバ〜ジャスパーで$98.6でした。寝台も半額以下の割引が表示されることがしばしばあります。

 

 

ドームカーは、エコノミークラス(座席車)・寝台車の両方にある

 

バンクーバー駅は、ダウンタウンの東側にあります。駅までのスカイトレイン(地下鉄のようなもの)やバスは安全ですが、駅そのものはバンクーバーの中では治安の悪い地域(East Hasting通り沿い)に近いので、時間に余裕があって散策する場合には注意が必要です。

 

出発は夜8時半ですが、この夜は食堂車は営業しません。

早めの夕食を済ませてから駅でチェックインするか、夕食を持参する人が多いようです。バンクーバー駅で得られるものは限られるので要注意です。

 

寝台の利用客は出発してすぐにウェルカムドリンクのサービスがあります。

 

食堂車とは別に、軽食やスナックを販売する車両があるので、最低限の食料は出発してからでも確保できます。

食堂車とは別の、軽食を売る車両のメニュー サンドイッチが$5、ジュースが$2 食堂車に比べるとかなり質が落ちる

アルコールも売っている

 

時刻表では停車駅がいくつも記載されていますが、途中駅は予約がなければ停まりません。

そして、どの駅も予約なんて考えられないほどまったく人影がありません。

 

 

 

ジャスパーで下車してカナディアンロッキーを巡るのが、もっとも人気のコースです。

駅の中にレンタカーの営業所があるので便利ですし、ジャスパーの町は小さいので駅を降りてから宿に移動して、ツアーバスを利用するのも容易です。

 

 

ジャスパーに着いて地図を見返すと、あらためてカナダの大きさに驚くことでしょう。

大陸という物差しで測ると、ジャスパーまでの道のりは大陸のほんの一部、いや一歩というほどです。

 

 

この先の大平原こそが、カナダの旅の真骨頂です。翌日も翌々日も、翌々々日も、ひたすらに無人の穀倉地帯を走ります。

単調かつ美しい景色におなかいっぱいになるでしょう。

 

 

 

短所

バンクーバー~トロント間のカナディアン号は、とにかくよく遅れます。

途中駅からの乗車で長時間待たされるのは苦痛なので、おすすめしません。

部分的な利用であれば、始発のバンクーバーかトロントから途中駅までの利用がよいと思います。

始発から遅れることはそれほど多くありません。

(バンクーバー⇒ジャスパーの利用がおすすめ、ジャスパー⇒バンクーバーの利用は長時間待つ覚悟が必要)

 

 

寝台の客はビジネスラウンジを使用できるので、待ち時間が長くても苦痛は軽減されるでしょう。

しかし、きちんとしたラウンジがあるのは、バンクーバー・トロント・ウィニペグくらいなので、やはり始発駅からの利用が良いと思います。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です