Home / バンクーバーを歩く・観る / キャピラノ吊り橋への無料シャトルバスは、夏は本数もルートも増えてとても便利

 

ノースバンクーバーのキャピラノ吊り橋に行くときは、無料のシャトルバスを利用するのがおすすめです。

 

ここでは、夏季の時刻表・ルートを説明します。

 

ハイシーズンの5・6・7・8・9月は便数が多くとても便利です。

 

 

ダウンタウン内のルートは、

①カナダプレイス→②ハイアットホテル(バラード駅前)→③ロブソン通り・ブルーホライズン→④ウェスティンホテル(Bayshore)

 

カナダプレイスからであれば、午前8時半から午後5時まで、ほぼ10~15分おきに出発します。

日照時間とともに営業時間も長く、おすすめの季節です。

May-2016-Shuttle-Pad

 

帰りも午後6時半まで10~15分おきの運行です。

 

 

5月~9月は便数が多いだけでなく、走行ルートも増えます。

下のルートは、夏のみ運行されるものです。

バラード通り・センチュリープラザホテル前(Sheraton Wall Centre Hotelの向かい側)→シャトーグランビル図書館前→ジョージア通り・パシフィックセンター前

こちらは午前9時から午後4時半まで20分おき(ただしセンチュリープラザホテル前からは午後2時半発まで)、帰りが午前11時10分から午後6時発まで20~30分おき。

 

5月~9月に追加で運行されるルートと時刻表 (2016年5月~9月のもの)

 

キャピラノシャトル 青ルート時刻表

 

帰りは、ルート上であれば希望のところで降りることがたいていの場合できるので、バスに乗るときに運転手に相談してみるとよいでしょう。

 

バスの時刻表は季節によって異なるので、他のページで掲載はしていますが、現地でも必ず確認するようにしてください。

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です