Home / バンクーバー発列車の旅 / シアトル行 カスケード号 / シアトル行きカスケード号のビジネスクラス

 

シアトル行きカスケード号にはCoach(普通席:エコノミークラス)とビジネスクラスの2種類の座席があります。

ここではビジネスクラスについてご紹介します。

 

 

 

ビジネスクラスは二人用座席と一人用座席が並び、とてもゆったり。

 

ビジネスクラスは二人がけの席と一人がけの席になっており、エコノミーに比べると広々しています。

 

一人がけの席は山側に配置されているので、一人旅の場合は海側の席を希望しても座れないかもしれません(空席状況によります)。

 

カナダの人より平均的に小柄な日本人にとっては、エコノミークラスでも十分なスペースがあるので、座席そのものはビジネスクラスのメリットはそれほどないかもしれません。

 

コンセント・wifiがあるのはエコノミークラスと同様です。

 

他にビジネスクラスならではのメリットはどういったものがあるでしょう?

 

上の写真はバンクーバー駅の改札口の様子ですが、出国審査も行われるため、長い列ができます。

写真左側はビジネスクラスの客の通路ですが、行列がありません。優先乗車なのでほとんど並ばずにすみます。

 

 

もうひとつの特典は、ビストロカー(軽食を売る車両)で使える$3のクーポンがもらえます。

 

ビジネスクラスの特徴をまとめると、

座席が広い

・乗り降りが優先(特にバンクーバー駅での出入国がスムーズでよい)

・$3のクーポン

となります。

 

私は差額ほどのメリットを感じないので、できるだけエコノミークラスを利用していますが、好みによるでしょう。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です