Home / バンクーバー発列車の旅 / シアトル行 カスケード号 / バンクーバーからシアトルへ行くカスケード号の車内(コーチ)の紹介

 

バンクーバーからシアトルへ行く列車は、バスよりもゆったりしているのと、景色がよいのが特徴です。

座席にはCoach(普通席)とBusiness(ビジネスクラス)の2種類があります。

ここではCoachの車内の様子を紹介します。

 

 

二人がけの席が両側に並びます。もちろんリクライニングシートです。

 

 

 

車内の一部には4人向かい合わせの席もあります。

どこに座るのかは乗車時に乗務員が決めるので、知っている人は早めに並んで希望の席を確保しようとします。

 

 

 

 

足元は十分ゆとりがあります。

コンセントが各席についているのと、無料wifiがサービスとしてあります(予算カットで2014年9月からカナダ内走行中はwifiなし)。

エコノミーでも十分快適なので、差額を払ってビジネスクラスを利用する価値はそれほどないように思います。

車内は安全で、女性の一人旅でももちろん安心して利用できます。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です