Home / バンクーバー発列車の旅 / シアトル行 カスケード号 / シアトル行カスケード号の食事はビストロカーのクラムチャウダーが無難

 

 

バンクーバーからシアトル・ポートランドへ行くカスケード号には、軽食を販売する車両「ビストロカー」が連結されています。

 

上の写真にあるように、ハンバーガー、ホットドッグといった類の品揃えなので、「食事」というよりは「軽食」でしょう。

冷凍保存されたものを温めて売る程度なので、決して味や質に期待してはいけません。

 

私のおすすめは、クラムチャウダーです。

レストランと比較するような代物ではありませんが、決して悪くはないし、海を眺めながら走る沿線風景にもぴったりです。

 

海外で日本よりおいしい「ご飯もの」に出会うことはほとんど不可能と思いますが、ここの「チキン照り焼き丼(Chicken teriyaki rice bowl)」も予想通りかなり残念な仕上がりです。

 

ハンバーガーやホットドッグもピザもイマイチかな、、、ということで、ほとんど消去法に近いですが、クラムチャウダーを注文するのが無難です。

 

お酒の販売があるのは、この列車のひとつの売りです。

バンクーバーからシアトルへ移動するのはバスか車が一般的ですが、どちらも飲めません。

 

 

 

 

無料の飲料水もビストロカーにあります。

 

軽食や飲み物を確保したら、隣のラウンジカーでゆっくり海を眺めながら腹ごしらえするのがおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です