Home / 持ち物 / ウェットティッシュ

 

 

カナダでは、食堂車やレストランにおしぼり(お手拭き)がありません。

おしぼりが無いのが当たり前なので、誰も気にしません。

 

レストランならナイフとフォークがありますが、レストラン以外でフライドポテトやサンドイッチを手づかみで食べる場面もたくさんあります。

家でポテトチップス、映画館でポップコーンというのはカナダでも定番だし、グループで分け合うような場面もあるけれど、「食べる前に手を洗ってくるね!」という台詞を聞くことも特にありません。

 

カナディアンロッキーなどの国立公園を始めとして、環境保護のために水洗トイレは撤去され汲取式に置き換えられつつあります。

水道がないのだから、手を洗えません。

その後手づかみの食事、スナック、、、、気にならないのでしょうか?

 

 

郷に入っては郷に従えとはいうものの、郷に従って不快だとすれば旅行を楽しめません。

日本人旅行者にとって、ウエットティッシュを重宝する持ち物の一つでしょう。

 

写真は、バンクーバーからカナディアン号に乗車したときに各車両に用意されていたもの。

いつも用意されているわけではないので当てになりません。

カナダのスーパーでも買えるけれど、写真のような大きなものを持ち運ぶのはナンセンスなので、携帯用のものを日本で買っておくとなにかと便利です。

 

 

 

「地球の歩き方」厳選の旅行用品専門店はコチラ

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です