グラウスマウンテンを120%満喫しましょう

Home / バンクーバーを歩く・観る / グラウスマウンテンを120%満喫しましょう

 

 

バンクーバーは山あり海ありと景観に優れています。

トロントやモントリオールなど、カナダの大都市はほとんどが平坦なので、特にバンクーバーでは山の美しさを指摘するカナダ人が多いように思います。

 

日本の常識ではアパートは南向きが人気ですが、バンクーバーのダウンタウンやその南側の地区では、山を眺められる北向きの部屋が人気です。

 

 

一番身近なのがグラウスマウンテンで、車がなくても登山口まで市バスで簡単に行くことができます。無料のシャトルバスも便利です(無料シャトルバスは5~9月のみ)。

 

ロープウェーに乗ってしまえば、あっという間に頂上に着きます。

このロープウェーはかなり大型なのですが、下るときにすごく揺れることがあって、スリルを味わえる乗り物としても知られています(ほとんど揺れないときもあります)。

 

 

グラウスマウンテンではいろんなことを満喫できます

  • 景色(バンクーバー市街だけでなく、アメリカの山並みや太平洋も一望できます)
  • 食事(カフェテリア、ビストロ、高級レストランObservatory
  • ランバージャックショー(木こりのショー)や動物・自然観察ツアーなどの見世物
  • Zipline
  • ヘリコプターツアー
  • さらに高いところへと上るリフト・風車
  • 登山(グラウスグラインド)

冬はスキー場に様変わりします。

 

以下で具体的にご案内しましょう。

 

 

山上には軽食を提供するカフェテリアと、カジュアルなレストランと、格式あるレストラン「Observatory」があります。

バンクーバー旅行での食事の候補の一つとしてもおすすめです。特に夕日が沈む時間帯は格別です。

 

レストランObservatoryは値段が高いのですが、事前に予約するとロープウェイ代が無料になります。夕方にグラウスマウンテンに行くつもりであれば、いっそ食事もここでしてみてはいかがでしょうか。おすすめです。

ただし、メイン料理($39)を注文することが必要条件です。ロープウェイだけの値段より安く済むなんて相当お得のように思うのは私だけでしょうか?

 

 

 

 

 

山上ではショーや熊などいくつかのアトラクションがあります。

時間があうようであれば、ぜひご覧になることをおすめします。個人的なお気に入りは、Lumberjack show(ランバージャックショー、木こりのショーです)とクマです。

 

どのようなショーを見ることができるのか、事前にホームページで確認することをおすすめします。内容は季節や天候によって大きく変わります。

 

 

私のおすすめのランバージャックショーは、ゴンドラを降りて少し歩いたところにあります。

お楽しみが減るので、内容はあえて記載しません。ショーを見れば、なぜ観客に赤ん坊連れが多いのか分かるでしょう。

 

 

 

 

ランバージャックショー同様に、ゴンドラを降りて少し歩くとクマを見ることができます。

ガイドによるクマの説明や、エサの時間もあります。都合があうかご確認を。

 

 

 

 

 

 

 

ゴンドラから先には、さらに高所へと登るリフトがあります。

ゴンドラとは別料金なので、セット券をあらかじめ購入するか、乗り場で支払う必要があります。

 

高さが増す分、眺めがいっそう良くなります。それだけでなく、このリフトは結構スリリングです。高所恐怖症でなければこちらもおすすめです。

 

 

 

 

山上にある風車「The Eye of the Wind」は展望台を兼ねており、支柱内のエレベーターで上がることができます。

こちらもゴンドラとは別料金なので、セット券をあらかじめ購入するか、乗り場で支払う必要があります。

 

ちょっと高くなりますが、初めて観光の方は風車までのセット券で一通り回ることをおすすめします。

 

 

 

 

 

ヘリコプターツアーもあります。絶景が見られること間違いなしですが、これは予算と要相談ですね。

 

 

ロープウェイの値段は往復$41.95です。

高齢者や子供の割引、家族割引などもあるので、パスポートなどの身分証を持参しましょう。

 

先に説明したように、山上のアトラクション(リフト・風車)とセットになった券もあります。

 

 

 

夏期には「グラウスグラインド」という名の、登山道が人気です。

子供もたくさん登っているからといってなめてかかると、予想以上のキツさに参ってしまうかもしれません。

 

鍛えている人は20分台で登りますが、これはトップアスリートだけの話で、一般的には1時間半くらいです。

キツいだけに満足度も高いので、丈夫な運動靴と動きやすいパンツがあるならば、一度は挑戦してみてはいかがでしょうか。健康志向のカナダ人が短い夏をどのように楽しんでいるか理解が深まることでしょう。

 

登山道は上りだけの一方通行なので、下りはロープウェー(下りだけの場合は$10)で降りるのが原則なことをお忘れなく。

 

「下山禁止」の標識

 

冬はスキー場が開設されますが、他のスキー場に比べるとかなり規模が小さいことと、週末はかなり混むことから、地元の人には隣接するサイプレス(Cypress)やシーモア(Seymour)の方がスキー場としては人気のようです。

 

冬は日没が早いこともあって夜景が簡単に眺められますし、滑降するとダウンタウンの夜景に向かって飛び込んで行くよう気分になれるので、個人的には大好きなスキー場です。

 

【JTB】バンクーバーの現地オプショナルツアーを探す

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です