Home / バンクーバーを歩く・観る / キャピラノと違って吊り橋が無料のリン渓谷(Lynn Canyon)で自然に触れる

 

 

 

 

キャピラノ吊り橋はバンクーバーで有名な観光スポットの一つです。難点は、有料で、しかも安くはないところです。

 

地元の人には吊り橋や自然が無料で楽しめるリン渓谷(Lynn Canyon)が人気です。

 

キャピラノほど派手ではないけれど、軽食を売るカフェ(Lynn Canyon Cafe)やお土産や展示品を扱う建物もあり、観光客にも人気です。

 

天気のよい週末は混むので、午前中に行くのがよいかもしれません。

 

 

 

Lynn Canyon Cafeの店内

 

一番の魅力はなんといっても自然で、住宅街の一角にこのような地区があるなんてノースバンクーバーの住民がうらやましい限りです。

水遊びする人も多いのですが、雪融け水で冷たいのと、急流なので注意が必要です。

 

 

 

吊り橋周囲で遊ぶだけなら、数時間もかかりません。山の奥へと続く色んなトレイルも整備されています。

数時間〜半日の観光コースというところでしょうか。

 

自然の中に吊り橋があるだけ、といってしまえばそうかもしれません。キャピラノ吊り橋にある「クリフウォーク」のようなアトラクションやガイドもありません。が、自然に触れるという目的であれば、こちらのほうがピッタリのように思います。

 

無料の駐車場があるので、多くの人は車で訪れます。

しかし、渓谷の入り口(Lynn Valley)まで公共バスが走っているので、環境に優しいバスで行くのがよいのではないでしょうか。ダウンタウンからは、バラード駅から#210系統のバスが直通しています。

 

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です