Home / バンクーバー発列車の旅 / 大陸横断 カナディアン号 / カナディアン号の真ん中に連結されている展望車「スカイライン ドーム カー」で景色と軽食を楽しむ

 

 

 

カナディアン号の象徴といえば、最後尾のパークカーだと思います。

中間にもスカイライン ドームカーという名の展望車があります。

ドームカーという名が示すように、真ん中が2階建てになっていて、ドーム型の展望座席になっています。

 

 

カナディアン号では、寝台車(ビジネス・スリーパーズ)の客向けのものと、座席車(エコノミー・コーチ)の客向けのものと二両連結されていることが通常です。

 

 

 

2階の展望席へ上がる階段。

 

 

 

 

 

 

 

車両の一部はラウンジ(休憩場所)になっています。

 

寝台車の客は最後尾のパークカーでくつろぐことが多く、そこで色んな人たちと会話を楽しむことになります。

座席車の客はパークカーには行けませんので、このラウンジでおしゃべりをしたりゲームをしたりしてくつろぐのが一般的です。

 

 

 

 

 

 

 

食事用のテーブルもあります。

寝台車の客は食堂車を利用しますので、このテーブルで食事することは通常ありません。

休憩場所になっています。

 

座席車の客は、ドームカーで軽食を販売していて、ここで食事をすることが可能です。

食堂車はあくまで寝台車の客優先で、寝台車の客でいっぱいの場合には利用できず、このドームカーで食事が提供されることもあります。

 

 

 

 

 

寝台車側のドームカーでは、コーヒー、果物、パン、ジュースなどが無料で提供されます。

 

 

 

 

座席車側のドームカーは、軽食の売店も兼ねています(寝台車側には売店はない)。

 

 

 

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です