Home / 豆知識 / 時差と夏時間

 

カナダには6つの時間帯があり、その内の一つの時間帯(ニューファンドランド:鉄道廃止済み)には列車が走っていないので、カナダの主要な駅では時計が5つ表示されている。時間帯を越える列車に乗るときには注意が必要だ。食堂車の利用は昼食と夕食は予約制だが、「午後1時」の予約に間に合うためには、自分の時計と車掌の時計に時差があってはいけない。適切なタイミングで「時計の針を1時間進めて下さい」といった放送がもちろんある。万が一遅れたとしても食事にありつけないということはないだろうが、 ワインテイスティングは逃すかもしれない。

季節の変わり目は要注意で、なじみのない夏時間が日本人旅行者をさらに混乱させ、もっとややこしいことに途中のサスカチュワン州だけは夏時間制度がない。年2回切り替えるときに長距離列車などは大混乱になるのではないかと心配になるが、まったく問題にならない。もともと時間に正確でないからかもしれない。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です