Home / 豆知識 / 日本人がなじみにくい時差と夏時間

 

 

 

広大なカナダには6つの時間帯があります。

鉄道が廃止されたニューファンドランド島の時間を除いて、5つの時間帯がVIA鉄道の駅では表示されています。

 

大陸横断鉄道では時間帯をまたぐ時にに車内放送が流れます。

きちんと対応しないと、1時間くらい遅れているのに、「時間通りに走っているなあ」などと勘違いしてしまいます。

 

 

日本人にはなじみのない国内での時差ですが、さらにややこしいのは夏時間(daylight savingといいます)です。

特に夏時間の開始・終了といった移行時は気をつけましょう。

 

もっとややこしいことに、カナダ中部のサスカチュワン州だけは夏時間制度がありません。

 

どうして混乱しないのか不思議でならないのですが、カナダではこれが当たり前で、誰も「ややこしい」とは言いません。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です