Home / バンクーバーを歩く・観る / バンクーバー サン ラン(10キロマラソン)の受付開始 おすすめのバンクーバーのマラソンについて

 

vancouver_sun_run photo

 

日本同様に市民ランナーの多いカナダですが、バンクーバーにももちろんマラソン大会があります。

もっとも市民に親しみがあるのが、「バンクーバーサン ラン(Vancouver Sun Run)」で、市の中心部を走る10キロのマラソンです。

 

次回は2016年4月17日日曜日の午前9時スタートです。

オンラインで申し込むのですが、個人での申し込みの場合

$49(1月31日まで)

$56(4月12日まで)

$65(前日・前々日の直前申し込み)

と参加費がどんどん上がるので、参加予定の人はお早めに(日が近づくと参加費が上がるのは他のマラソンも同様)

 

 

サンランの特徴を一言でいうと、マラソンではなく、「お祭り」です。

スタート地点は大混雑で、スタートしてからも前後左右にランナーがひしめいている状況が続きます。

走力に応じてスタート時間が変わるのですが、スタートラインに立つまでに何十分も待つことになります。

 

たかだか10キロのマラソンなので、午前9時に号砲とともにスタートした招待選手たちは30分もしないうちにゴールしてしまします。その頃に、まだスタートラインでランナーが出発を待っているいう状況になります。

 

別の記事でも申し上げたようにバンクーバーは「雨の街ですので、小雨の中で震えながら待つ、という状況もありえます。

自己申告のタイムを偽るのはよくありませんが、ベストタイムくらいで申告しておいて待ち時間を減らすよう心がけるのがおすすめです。遠慮がちに遅めのタイムを自己申告すると、ストレスの多い大会になること間違いなしです。

 

サンランは乳母車を押しながら参加する人もたくさんいる、お祭りなので気負わずに楽しみましょう!

 

●サンランの長短所

長所:10キロで気楽

お祭りで気楽

短所:混雑しすぎて、スタートしてしばらくは身動きがとれない

タイムを気にする人にはおすすめできない

 

 

 

 

 

いくつかあるバンクーバーのマラソンの中で最も本格的なものが、5月1日のBMO バンクーバーマラソンです。

 

こちらはフルマラソン(ハーフなどもあります)で、日本のゴールデンウィークに近いことから、日本人にも人気です。

HISのように日本からツアーで申し込むことができるのもメリットですね。

 

ただし、5月初旬は、バンクーバーはまだ雨の多い時期なのでご注意を。

 

●BMOマラソンの長短所

長所 フルマラソンのある、正式な「マラソン大会」

日本からのツアーもあり

短所 5月初旬の天候は不安定

 

 

 

 

 

 

 

個人的に一番のお気に入り、そしておすすめなのは、6月下旬(2016年は6月26日)Scotiabank マラソンです。

ハーフ(または5キロ)ですので、本格派には物足りないかもしれませんが、ブリティッシュコロンビア大学からキツラノを経てスタンレーパークのゴールを目指すコースが、「これぞバンクーバー」といった景色の連続で最高です。

ほとんど下りばかりで、上りがほとんどないので体力面でも安心です。

雨季の終わりでもあり、もっとも晴天になる確率の高いマラソン大会のように思います。

 

●Scotiabank マラソンの長短所

長所 走っていて爽快なコース

お祭りだけど、サンランのように大混雑ではない

晴天の確率は他のマラソンより高い

短所 ハーフマラソンなので、記録を目指すものとしては物足りない。

 

 

 

ちなみに、Vancouver Sunは地元最大の新聞、BMOとScotiabankはカナダの大銀行です。

 

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です