Home / バンクーバーを歩く・観る / バンクーバーの治安・危険な地域・犯罪について把握し、安全に旅行を楽しみましょう

 

 

 

治安がよいといわれるカナダ・バンクーバーですが、実際に住んでみると決して安全ではないことがわかります。

 

 

被害にあってからでは遅いのです。十分に気をつけましょう。

①スキを見せない

②犯罪の多い地区・時間を避ける

という当たり前のことに気を付ければ、きっと楽しい旅行ができるはずです。

 

 

①スキを見せない

強盗

特に車を狙ったものが多いので、レンタカーなどは要注意です。

たとえゴミだけ、バナナだけ、といったビニール袋でも、座席上においておくと、強盗をおびきよせます。

窓ガラスを割られ、めちゃくちゃにされてしまう可能性があります。

リュックサックや鞄を車内においたまま車を離れるなんてもってのほかです。

車内は空っぽするよう心がけてください。

 

 

性犯罪

スタンレーパークのような観光客に人気の公園ですら、暗い時間になると強姦が起きるので、本当に恐ろしいです。

カナダの公園のほとんどは夜間立ち入り禁止です。そのような標識が英語で書かれているはずです。

夜間閉鎖される日本の公園は柵で囲われていることが一般的ですが、カナダでは夜間立ち入り禁止の公園も柵や扉がないことがふつうなので、知らずに日本人旅行者が立ち入ってしまう可能性があります。

とても危険です。

 

 

暗いところを歩かない、人のいない場所を一人で歩かない、というのは、世界では常識ですが、日本人旅行者はどうしても気が緩みがちなようです。

 

2013年にはUBC(ブリティッシュコロンビア大学)のキャンパス内で性犯罪が連続しました。

警備を増やしてからも犯行が続く大胆さと、安全と信じられていた大学内での事件ゆえに、ニュースでも頻繁に取り扱われました。

 

 

 

②犯罪の多い地区・時間帯を避ける

ダウンタウンのロブソン通りなどの旅行者がひしめく場所は、かなり安全です。

 

旅行者が行きやすい場所で注意が必要なのは、

ダウンタウンの東側:ガスタウン~チャイナタウンバンクーバー鉄道駅周辺 (East Hasting通り周囲)

・日没後のUBC(ブリティッシュコロンビア大学)

 

 

east hasting 3

 

特に前者のEast Hasting通り周囲は、地図だけみると繁華街のような印象を受けるので注意が必要です。

 

 

eat hasting 1

 

ホームレス・薬物中毒者がひしめく地域で、落書きも目立つし、通るたびに気が滅入ります。

日中には路上で物が売られているのですが、拾ったものなのか盗品なのか。。。

「最も住みやすい街 バンクーバー」の現実を突きつけられてしまいます。

 

east hasting 2

泥酔した男が路上で寝転がっていても、この地区では日常の光景として受け止められる

 

もしバンクーバーで格安のホテルがあったら、ドミトリーか、この地域(East Hasting)のホテルの可能性が高いので要注意です。

 

どの場所が危ないかを知っておくことはとても大切なことです。

個人旅行であれば「JTBの現地ツアー」や「HISの現地ツアー」を利用したバンクーバー半日観光がおすすめです。

おすすめの場所、危険な場所、といったことは現地ガイドに聞くのがもっとも確実ですし、その情報をもとに残りの時間を自由旅行に使うととても効率的です。

 

 


 
Share this page
 

4 Comments

  1. 何個もコメントしてごめんなさい(笑)
    ガスタウンやチャイナタウンに行きたかったのですが、治安悪いんですね。昼間に行けば大丈夫でしょうか?何か気をつけること等ありますか?地図を見たり観光客感は出さない方が良いでしょうか…?

     
    • >ふう様
      コメント大歓迎です。お役にたてるとよいのですが。
      ガスタウンは人気の観光スポットで、昼だけでなく夜も街灯がきれいでいい雰囲気なので行かれるとよいと思います。
      おそらくウォーターフロント駅の側から歩いていくことになると思いますが、蒸気時計を過ぎ、ガシー・ジャックというおっさんの銅像があるところまでは安全ですし観光客も多いです。Flying Pig(フライングピッグ)やL’Abbatoire(ラバトア)といった地元の人に人気のレストランも並んでいます。
      この銅像より奥に進んではいけません。急に雰囲気が悪化します。

      チャイナタウンは、日本人観光客にとっての見どころはあまりないように思います。雰囲気や治安もよくありません。なにを見に行くかにもよりますが、飲茶か中華料理を食べるなら華僑の中心地リッチモンドに行けば十分と思いますし、そもそもバンクーバー中が華僑だらけです。

      ガスタウンは観光客だらけなので心配いらないですが、チャイナタウンでガイドブック開いたり観光客丸出しはおすすめしません。夜行くのもやめましょう。

       
  2. 地元の人が”East Vancouver”に気をつけると書かれていますが、”East Vancouver”は、はバンクーバー市内のメインストリートから東の地域すべてを指します(コマーシャルブロードウェイ駅やジョイス駅などを含みます)。一般的に地元の人も気をつけるのは、”East Van”ではなく、”Downtown Eastside”だと思います。

    また、Kingswayからのエキスポライン周辺も危険とのことですが、スカイトレイン自体の治安が90年代後半から2000年代前半に問題になり、視認性を高めるために駅のメッシュフェンスからガラスへの交換や照明の増加、駅員の増員やTransit Policeの結成などにより、今ではあまり危険だと感じることはないと思います。パターソンやメトロタウンもKingsway沿いですが、ここ10年で個人的に危険だと感じたことはありません。メトロタウンには、駅前にデイズインやヒルトンホテルがあり、ショッピングモールもあるため、旅行者が行っても問題がないと思います。

    ニューウエストやサレーの駅周辺も危険とのことですが、ここ数年で再開発が急速に進んでおり、こちらも2000年代のイメージとは違い、凶悪犯罪数もかなり減っています。

    ニューウエストミンスターは、フレーザー川のほとりの遊歩道やリバーマーケット、コロンビア駅付近のお店など素敵なところがありますし、歩いていて危険を感じることはありません。

    サレーは、街自体がかなり広く、サレー市だけで、バンクーバー市、バーナビー市、リッチモンド市の面積を合計したくらいの広さがあります。サレーでも、駅からかなり離れたニュートンやゲートウェイ駅は危険と言われていますが、それ以外は他の地域とあまり変わりません。ただし、住宅街なので、基本旅行者が行くことはないと思いますが、留学生やワーホリの方が住む分には問題がないと思います。

    ダウタウンイーストサイド、コロンビア駅、ゲートウェイ駅周辺には、ホームレスシェルターがあるため、浮浪者をよく見かけますが、観光客の多いイエールタウン駅周辺にもホームレスシェルターがあります。

    ただ、その地域の治安の善し悪しに関わらず、常に気をつけておくのが一番だと思います。

     
    • >Ken様 ご指摘ありがとうございます。
      地元の人が気をつけているのは、”East Vancouver”と呼ばれる地域です。スカイトレインのエクスポライン沿い:Kingsway通り~ニューウェストミンスター(New Westminster)~サレー(Surrey)、危険度が上がるので滞在におすすめしません
      という文章は、私の同僚達(生まれも育ちもBC州)の多くの生の声を記載したものです。統計的には犯罪は減っているはずで、Kenさんが指摘するとおりだと思います。

      私自身も2015年頃はEast Vancouverに住んでいて「他に比べてあまり雰囲気が明るくないな」と実感していたのと、East Hasting周囲が危険というのはどこでも書いてある情報なので、他のサイトにあまり書いていない「地元の声」として記載したつもりでした。ただ、多くの人が安全に生活している地域ですし、余計な不安や偏見を与える可能性も危惧して削除・修正しました。ご指摘を深謝いたします。

      おっしゃるように、地域云々ではなく、常に気を付けておくのが最重要ですね。他にもございましたら、ぜひご指摘ください。本当にありがとうございました。

       

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です