Home / 各線案内 / 大陸横断・カナディアンロッキー / カナディアンパシフィック鉄道 / Waterton Lake(ウォータートンレイク)で一番の人気は遊覧船

 

 

Watertonから、観光船がアメリカ側のGoat Hauntまで往復しています。

 

船からは険しい山並み、氷河、野生動物などさまざま景色が眺められ、Watertonでもっとも人気のアトラクションの一つです。

 

 

 

 

「クマが前方の岸にいます」みんな立ち上がって写真撮影です。

 

 

「左側の木にワシが止まっています」

 

 

温暖化によって氷河は急速に縮小しており、隣接するアメリカのGlacier国立公園も含めて2020年頃までにすべての氷河が消失すると予想されているそうです。(Glacier=氷河なので、氷河のない「氷河国立公園」になってしまう)

 

 

 

 

一直線になっているアメリカとカナダの国境ですが、木が刈り取られているとは知りませんでした。何年かに1回伐採しているそうです。写真でも山の頂上まで直線状に国境が分かりますでしょうか?

 

 

湖畔の断崖のところどころで、地層が波打っているのがわかります。プレートの移動によるもので、地質学的には大変貴重で、National Geographicの取材もあったそうです。

 

 

 

波打つ地層に近づいてみました。

 

 

 

 

船は片道1時間で、Goat Hauntで30分ほど滞在して折り返します。Goat Hauntの船着き場はアメリカですが、周囲を30分ほど散歩する分にはパスポートチェックもありません。

 

Goat Hauntに到着。船着場周囲の散策であれば、パスポートチェックもありません。

 

 

滞在を延長して遅い便で帰ることも可能です(切符購入時に帰りの時間も指定する必要があります)。Goat Hauntには人気のトレイルがいくつもあります(多くの人はKootenai Lakesまで片道4キロの往復)。

船の利用を片道だけにして、Goat Hauntから歩いてWatertonまで帰る人もいます。

これらの場合は、パスポートのチェックを受ける必要がありますので注意を。

 

 

 

 

 

この日のパスポートチェックは、ピクニック用のテーブルで行われていました(いままででもっとも気楽な国境でした)。

 

 

時間が経てば係員の姿も目につかないおおらかな国境です。

 

 

 

遊覧船は、もとはグレートノーザン鉄道が所有していたもので、1927年から使用されているとてもクラシックなものです。

 

運行は5月から10月初旬までで、時期によって便数が異なるのでよく確認する必要があります。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です