Home / カナディアンロッキー / カナダ現地ツアーのひとつ「野生動物観察ツアー」では冬でもたくさんの動物を見ることができます

 

 

 

 

カナディアンロッキーのバンフやジャスパーで人気の現地ツアーの一つに、野生動物を観察するツアーがあります。

 

ハイシーズンの夏に比べると、クマなど冬眠する動物は見られないので種類は減りますが、それでもたくさんの動物を見ることができます。

 

 

カリブー(トナカイ)・ムース(ヘラジカ)などのシカ科の動物は冬眠をしません。

 

鹿の角というとオスの象徴、といって間違いないのですが、カリブーはシカ科の中で唯一メスにも角があります。

カリブーの角は雄の抗争だけでなく、雪の中の餌を掘る役割もあるからです。

 

オスは繁殖期の春に角が生えて冬に抜け落ちるのに対して、メスは子供の餌を確保する冬に角が生えて夏に抜け落ちる、という面白い特徴があります。かけて角が抜け落ちる。

 

マイナス20~40度の過酷な環境で、乏しい餌を探しながらたくましく生きてる野生動物の姿は、凛として美しいものがあります。

 

 

 

ハイウェイを横断中のビッグホーンシープ(オオツノヒツジ)

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です