Home / 持ち物 / カナダ旅行ではクレジットカードが必須。一方、トラベラーズチェックはそれほど有用ではない

 

アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード

 
結論;日本にいるうちにVISA・アメリカンエキスプレスなどの海外で使えるクレジットカードを用意しておく

 

アメリカ同様にクレジットカードの使用が普及しているカナダでは、少なくともクレジットカードを1枚持参することを強くおすすめします。

支払いに使わなくても、レンタカーやホテルでは、身分証明やデポジット代わりとしてカード提示を求められるからです。

 

 

VISAを1枚、アメックスを1枚という風に2種類用意しておくと、紛失などにも対応しやすいのでより安心です。

学生でも学生用のカードを作ったほうがよいです。

 

留学のように長期滞在するのでなければ、日本の円建てのクレジットカードで十分です。

 

旅行者が行くところ=クレジットカードが使える場所、と考えてよいでしょう。

 

バンクーバー・カナディアンロッキーなどの有名観光地なら、JCBなどの日本のクレジットカードも使えます。

カナダ全体で見た場合には、JCBが使えない場所はまだまだ多く、VISAかアメックスが一番使いやすい印象を受けます。

 

ゴージャスな特典を気にせずに、シンプルで機能的なカードでよければ、初年度年会費無料の三井住友VISAカードは手ごろでよいと思います。
ポイントをANAのマイレージにも移行できるので、ゆくゆくはバンクーバー行き特典航空券を手に入れることすら可能です。(申し込みはコチラ

カナダではアメックスの使い勝手もよいので、ANAアメリカン・エキスプレス・カードも、マイレージが貯まることもありおすすめです。

 

 

紛失だけでなく、置き引きや車上荒らしが日本よりはるかに多いカナダでは、盗難のリスクを考えなければいけません。

多額の現金を持ち歩くのはやめた方がよいです。なにかあっても補償されないばかりか、「なんで多額の現金を持ち歩いてたの?」と逆に不審に思われるでしょう。

 

 

安全という意味ではトラベラーズチェックがありますが、使い勝手はあまりよくありません。使用を断られることもしばしばです。

(100ドルを超える支払いのようなホテルならよいでしょうが、ショッピングやレストランでは断られる可能性が高いです)

 

 

カードは、なにかあってもすぐにカード会社に連絡すれば悪用を防止できるので、比較的安全だと思います。

スキミングなどには注意が必要なので、必ずICチップ付のカードを利用しましょう。

暗証番号を不用意にさらさないように気をつければ安心して使えます。

 

 

 

 

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

 

 

クレジットカードには外貨両替の手間が省けるというメリットもあります。

円建てのクレジットカードを利用すると両替手数料を取られるけれど、空港やホテルの両替所などの高い手数料と比べると悪くないレートです。

 

 

大金を両替するのでなければ、時間と手間をかけて両替所まで足を運ぶメリットはそれほどないかもしれません。

そもそも地元の人は両替に詳しくないので、旅行先でレートのよい両替所を探すのは案外面倒です。

 

現金引き出し(キャッシング)できるカードもありますが、かなり高額な利率を科せられるものもあるので、カナダドル・米ドルの現金を引き出す可能性がある人は出発前にきちんと確認しおきましょう。

 

 

私はクレジットカードを用いない人でした。支払い方を一括払いに限定すれば、クレジットカードを持つことはおすすめできることだと今は思っています。

 

クレジットカードの申し込みには審査があるし、審査結果がでるまでの時間はそれなりにあるので、旅行を予定したら同時にクレジットカードも用意しましょう。

 

 

 

 

クレジットカードの多くには海外旅行保険がついているのも、メリットの一つです。

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です