Home / ルーネンバーグ / ハリファックスからペギーズコーブ・ルーネンバーグへは現地ツアーかレンタカーでライトハウスルートをドライブしましょう

 

世界遺産ルーネンバーグはカラフルな街並ですが、多くの建物が驚くほど古い

 

 

 

「赤毛のアン」の舞台プリンスエドワード島、世界遺産の町ルーネンバーグ、漁師の村ペギーズコーブなど、東海岸は観光の宝庫です。

 

日本人観光客の多くがプリンスエドワード島を目指します。

一方で、灯台が有名なペギーズコーブ (Peggys Cove)、マホンベイ(Mahone Bay)、世界遺産ルーネンバーグ(Lunenberg)といった古い港町は、ツアーに入っていないことが多いようです。

これらの港町は疲れるほどの距離もなく、景色がよいので訪れないのはもったいないように思います。

 

 

マホンベイの教会 世界遺産のルーネンバーグに匹敵する素敵な街並

 

この地域は鉄道・バスといった公共交通機関が廃止されているので、レンタカーかツアーを利用することになります。

 

HISのハリファクス発着「世界遺産ルーネンバーグとペギーズコーブ(5~10月)(日本語ガイド)」のようなツアーの利用は、慣れない右側通行での運転や英語の不安がなく、なにより効率よく観光地を回れるのでおすすめです。

 

 

もしレンタカーでドライブをするなら、103号線という立派なハイウェイが整備されており、これを使えばハリファックスからルーネンバーグまで1時間ほどで着きます。

 

おすすめ、かつ人気なのが「ライトハウスルート」と名づけられた、海岸線に沿った旧道(3号線)のドライブです。

ハイウェイ(103号線)は時間の節約になりますが、片道だけでも3号線沿いにのんびりいきましょう。

 

 

まずはハリファックスから333号線でペギーズコーブを訪問し、その後3号線沿いにのんびりとドライブしてマホンベイを散策、ルーネンバーグに到達、帰りは103号線で一直線にハリファックスへ、というのが私のおすすめのルートです。

 

 

日帰り観光も可能ですが、時間に余裕があるなら、ぜひルーネンバーグで1泊して、のんびりしたいものです。

 

この地域の名産はなんといってもロブスターで、ペギーズコーブで灯台観光と同時に楽しむことができます。

 

 

私は以前はそれほど好きではなかったのに、ここで新鮮なロブスターを食べてすっかり好物になりました。

 

 

この地域の名物・絶品!

 

地元の人に教えてもらい、翌日にはブリッジウォーター(Bridgewater)にあるスーパー(Sobeys)でロブスターを購入しておかわりしました。

地元情報の通り、このスーパーではその場でロブスターを茹でてくれました。

ちょっとくらい臭いが残っても、レンタカーだからよしとしましょう。

 

 

その場で茹でてもらえました

 

 

事・レストラン

ペギーズコーブの灯台横のレストラン

・ルーネンバーグのFleur De Sel

・ブリッジウォーターのスーパーSobeysでロブスター購入(15分くらいかかるが、その場で茹でてくれる)

 

 

ホテル

・ハリファックスのWestin (駅に直結・レンタカーデスクあり・24時間スーパーが目の前)

ルーネンバーグのArms Hotel(街並みに調和しつつも新しい建物・立地もよい)

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です