Home / 各線案内 / カナダ西部 / ケトルバレー鉄道 / ケトルバレー鉄道でカナダワインと眺めの良いレストランを味わう

 

 

オカナガンは、日本でもっと知られてよいと思われる素敵な場所です。

バンクーバーからさほど遠くなく、日本からの観光にもおすすめできます。

 

鉄道は廃止されているので(短い観光鉄道はある)、バンクーバーから車(約4時間)か飛行機(約40分)で行くことになるでしょう。景色が素晴ら しいので4時間の運転もすこぶる快適ですが、日本からの旅行で時間が制限されるならケロウナかペンティクトンに飛んで、空港でレンタカーを借りて観光するのが効率的です。

 

Poplar Gloveワイナリーのテイスティングルームより

オカナガンでの人気はなんといってもワイナリー巡りです。

中でも、Mission Hill、Quails Gate、Summerhill Pyramid、Cedar Creekといったレストランを有するワイナリーは、絶景を眺めながら食事とお酒を満喫でき、何回訪れても幸せな気分になれます。

 

ワイナリーは約200あるので、「ここは行くぞ」とあらかじめ決めておいたほうがよいと思います。

ネットで事前に評判・営業時間や位置を確認し、効率よく1日で5ヶ所くらい回れば十分満足できるでしょう。

私は少なめに候補を絞り、ワイナリーに行ってから「ここが一番なのはわかるけれど、他におすすめはありますか?」と聞いて当日に付け足して回っています。ワイナリーの人がおすすめのワイナリー、はさすがに満足度が高く、このやり方で回ると「はずれ」がないように思います

 

全員が飲みたいので運転手を確保できない、ということなら現地でワインツアーを申し込むのもおすすめです。

 

 La Frenzワイナリーのテイスティングルームより

カナダワインはあまり知られておらず、日本でまったくといっていいほど見かけません。

日本で流通しているもののほとんどはオンタリオ州のナイアガラで作られたアイスワインです。現地でしか入手できない、という意味でもオカナガンのワイナリー巡りはおすすめです。

 

カリフォルニアの産地で人気のナパやソノマには湖がないことを考慮すると、景観はこちらの方が上といえるでしょう。カナダびいきもあってか、私はオカナガンが好きです。

 

 

この地域をかつて走っていたのが、ケトルバレー鉄道です。

「ケトルバレー」がどこなのか知っている人はカナダでもほとんどいないのに、この鉄道は有名です。それは この鉄道跡が景観にすぐれていて、登山道ほどに傾斜がきつくなく、散策やサイクリングにもってこいだからです。

 

ぶどう畑・ワイナリーを貫き、湖を見下ろ し、トレッスル橋を越え、と見所の連続です。

 

天気のよい週末には、たくさんの人が廃線跡を散策しています。ヨーロッパやアジアのように歴史ある寺院などがないので、廃線跡が「歴史」の代表の一つになっているのかもしれません。

 

 

時間に余裕があれば、ぜひこちらもお勧めです。特に人気なのは、Myra Canyonです。レンタサイクルも充実しています。

 

冬は閑散期ですが、いくつかのワイナリーは営業しているので楽しむことができます。

 

ケロウナ近くのスキーリゾート「Big White」は雪質に優れ、ウィスラーほどに混まないことから、カナダ在住の人に人気です。オカナガンは今後さらに魅力を増すに違いありません。

 

 

ホテル

ケロウナ(オカナガンの中心)

Delta Grand Okangan Resort & Conference Centre:湖のほとりにある定番の宿

Hotel Eldorado:湖のほとりにある歴史あるホテルで、こじんまりとした建物が好ましい

サマーランド(オカナガン湖西岸)

Summerland Waterfront Resort & Spa:湖に面しているので眺望はよく、建物も比較的新しく快適。ワイナリーはオカナガン湖南側に密度が高いので、たくさんワイナリーをまわりたい人におすすめ。蒸気機関車のみられるケトルバレー観光鉄道の乗り場も近い。

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です