Home / バンクーバー発列車の旅 / 大陸横断 カナディアン号 / 大陸横断カナディアン号の展望車「パークカー」で昔ながらのゆっくりした旅行を楽しむ

 

 

 

大陸横断カナディアン号の車両の特徴のひとつは、最後尾のパークカーです。

 

寝台の客のみが利用できます。

寝台車の利用であれば、自分の寝台に閉じこもっていないで、ぜひパークカーで過ごすことをおすすめします。

 


 

 

最後尾の丸みをおびた展望室は、いつもお客さんが座って談笑しています。

 

寝台車の旅は時間もお金もそれなりにかかるので、引退した高齢者の利用が多いようです。

 

 

写真はみんなが寝静まった夜中に撮影したもので、このように明かりがついていて24時間利用することができます。

 

コーヒー・紅茶・ジュースなどの飲み物やスナックは無料ですし、雑誌も用意されています。

コンセントも各座席についているので、iPadなどを持参してもよいでしょう。

 

 

パークカーの真ん中は2階建てになっていて、2階部分に展望座席があります。

 

このような展望車両は、コーチ(座席車)にも用意されているのですが、パークカーの違うところはスタッフが景色を案内したりサービスがいろいろ上乗せされていることです。

 

 

 

この日は無料のカナッペが配られました。

 

 

 

カナッペだけではものたりないので、ワインを注文しました。

 

 

 

バンクーバー・ジャスパー・トロントを出発するときには、ウェルカムドリンクとして無料のスパークリングワインが振舞われるので逃さないようにしましょう。

 

 

展望席の下の一階部分はカウンターになっていて、お酒や軽食、フルーツなどを販売しています。

 

 

パークカーは寝台車の役割も兼ね備えていて、3人用の個室寝台が二部屋用意されています。

ネットで切符を予約するときに表示される ”Cabin for 3″ が3人用個室を指すのですが、1列車に二部屋しかないことから早めに売切れてしまいます。

 

3人用個室には割引料金の設定がありませんし、結局のところ展望座席などの個室外で過ごす時間が長くなるので、3人での旅行であれば2人用個室+1人用個室で割引切符を購入するのがおすすめです(申し込み時に伝えれば隣接した個室を用意してくれる)。

 

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です