Home / 持ち物 / 雨対策とともに大切なのは、日よけ・紫外線対策

 

 

緯度の高いバンクーバーでは、夏の日照時間の長さに驚くことでしょう。

夏至の頃になると、日の出が午前5時、日没が午後9時20分頃となります。日没後もしばらく明るいので、午後10時くらいまでは夜が訪れないことになります。

 

天気のいい日に肌の露出の多い服を着てでかけると、すごい日焼けで肌が真っ赤になります。

涼しくて快適なので、紫外線の威力を忘れがちです。日焼け止めは必須ですし、日本よりもまぶしいのでサングラスがあったほうがよいでしょう。

 

日射病予防に帽子もあったほうがよいと思います。

気温が快適だからといって外で遊んでいると、午後になってものすごく体力を消耗していることに気づきます。帽子とサングラスを用いると、体力の消耗が全然違うのでおすすめです。

 

カナダというと寒いイメージがありますが、くれぐれも日照り対策を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

・日焼け止めクリーム (Sun screen)

・サングラス

・帽子

 

カナダでも入手できます。

 

「地球の歩き方」厳選の旅行用品専門店はコチラ

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です