Home / 各線案内 / カナダ東部 / トロント~オタワ・モントリオール / VIA鉄道のエコノミークラス(座席車)

 

カナダのVIA鉄道で長距離列車を利用する場合には、座席車か寝台車かのどちらかを選ぶことになります。

 

座席車はほとんどがエコノミークラスだけで、トロント周辺のコリドー号についてはビジネスクラスもあります。

 

寝台車はビジネスクラスに位置づけられています。

 

 

ここでは、エコノミークラスの座席車について紹介します。

 

エコノミークラスと呼ばれる座席車の良い点は、なにより値段が安いことと、スペースがそれなりに広いことです。

バスの座席や飛行機のエコノミークラスよりははるかに快適です。

 

 

ほとんどの車両が二人がけの席が左右に並んでいるタイプです。

 

足回りはかなり余裕があるし、フットレストがついていたり、仮眠がとりやすいようになっています。

 

車両の一部座席は向かい合わせの4人がけで、この席でフットレストを使うとベッドに近い状況になります。

一人旅でこの4人がけを占拠するのはマナー違反ですが。

 

 

大陸横断のカナディアン号などで使われている銀色の車両は、かなり古い型の車両ですが、各座席にコンセントが設置されています。

デジカメやパソコンの充電は心配いりません。

銀色の車両(カナディアン号、プリンスルパート~ジャスパー、ウィニペグ~チャーチル)は、wifiがついていません。

 

 

 

トロント・モントリオール周辺の列車では、上の写真のような緑色の車両や水色の車両が使われています。

緑色の車両は比較的新しく、無料のwifiが多くの車両で提供され、座席も下の写真のように一人がけ+二人がけの3列でかなり広々しています。

ビジネスクラスでは食事が提供されますが、エコノミークラスでも車内で販売されているので困ることはありません。

カナディアン号のような大陸横断鉄道では、エコノミークラスにも展望車(ドームカー)が連結されているので、ビジネスクラスに比べてサービスがすごく劣る、というものではないように思います。

割引切符(Express Deal 半額割引)をうまく利用すればかなりお得に旅行できるので、日帰りか1泊程度ならエコノミークラスを十分おすすめできます。

 

車内で2拍以上するならば、寝台車を私はおすすめします。

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です