Home / 持ち物 / カナダ旅行の冬の服装-十分な寒さ対策と汚れてもよい滑り止めのきいた靴を

 

 

まず、手袋は必須です。

カナダの国旗が描かれたニットの手袋は現地の人にも人気なので、お土産として購入してもよいかもしれません。

 

ニット帽やマフラーもあると便利です。が、これらは日本の冬支度と同様です。

 

 

バンクーバーやビクトリアに滞在するのであれば、冬であっても特別な厚着は不要で、東京か仙台で過ごすくらいの装備で十分かと思います。

北海道よりは温暖な印象を受けます。(北海道よりはるかに北に位置していますが)

毎日のように雨が降るので、雨対策を忘れないようにしてください(濡れてもしみこまない靴)。

濡れて水がしみこんだ靴で寒い日を過ごすのは苦痛です。

 

すごく冷え込んだり、雪が降る日もありますが、雪は積もりませんし、気温が氷点下になるような日も連続しません。

旅行中にそういう日にあたったら、おみやげも兼ねて現地でセーターを買うくらいでちょうどよいのではないでしょうか。

 

 

バンクーバー・ビクトリア以外となると話は別です。

 

マイナス20~30度は当たり前で、マイナス40度になることすらあります。

トロント・モントリオール・ケベックシティといった有名観光地は、どこも寒さ対策が必要です。

ただ、現地の人にしても旅行者にしても、そのような気温で長時間外出しません。

多くのツアーが一日のほどんどを暖房の効いた車内や室内で過ごすことでしょう。

南極探検のような重装備はせずに、ヒートテックのような薄くて保温の効く服装を重ねて着るように(上下とも)複数持参し、厚手のコートを準備すればよいと思います。

この場合でも、足りなければお土産もかねて現地で服を買う、くらいのつもりでちょうどよいかと思います。

 

気をつけたいのが、靴です。

 

カナダのほとんどの町が、日本の雪国ほどの積雪量がないことに加え、除雪も行き届いているので、雪をかきわけていくような想定は不要です。

氷点下の日が続くので、路面はずっと凍結しているものと想定してください。

よく滑るので、転倒の危険があり、滑り止めの効いた靴が必要です。

 

 

上の写真は、白い車と黒い車が並んでいるところですが、車の足回りと同様に靴が簡単に汚れます。

この写真から、白い靴を履いた場合と黒い靴を履いた場合を想定してもらえれば、おのずと持参する靴が絞られてくるのではないでしょうか。

 

路面が凍結していてよく滑ることと、排気ガスやらなんやらで雪が汚いことから、滑り止めの効いた、汚れてもよい靴を履いてくることをおすすめします。

 

日本を出発する前に、雪国出身の人にアドバイスを聞くとよいと思います。

 

靴も現地で調達してよいのですが、カナダはメートル法を採用しているにもかかわらず、靴は以前としてインチを用いているので、なにかと面倒です。

また、靴があわないと旅の快適さを損なうことに直結するので、旅行先で靴を調達するのはリスクが高いように思います。

 

 

 

 

ジャスパーのマリーン渓谷ツアーのような、冬の自然体験型のツアーに参加する場合 

 

マイナス10~20度の気温で数時間外にいることになるので、日本での想定を超えた準備がおすすめです。

地元カナダのものが、やはり保温にすぐれてよくできていると思います。

靴はソレル(Sorel)のブーツ、コートはカナダグースがおすすめです。

 

 

値段はします(カナダグースのものはめちゃくちゃ高い)が、保温効果が高くて値段に見合った機能だと思います。

人気ブランドなので、ファッション性も高いです。

 

 

 

 

円安の影響もあって、日本で買ったほうが安いようです。品揃えはもちろんカナダのほうが豊富ですが。

 

 

 

 

 

 

 

 
Share this page
 

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です