バンクーバーからビクトリアへもっとも安い行き方(スカイトレイン+バス+フェリー+バス)

Home / ビクトリア / バンクーバーからビクトリアへもっとも安い行き方(スカイトレイン+バス+フェリー+バス)

 

バンクーバーからビクトリアへの行き方は、

①車(フェリーに車を積み込む必要あり)

②直通バス

③公共バス(スカイトレイン⇒バス⇒フェリー⇒バスと乗り継ぎが必要)

④飛行機(水上飛行機が人気)

⑤旅行会社によるツアー(英語が苦手な人、時間が限られる人にはこれがおすすめ)

のいずれかになります。

 

地元では車の所有が当たり前なので、①車 がもっとも一般的です。

旅行者には②直通バス が便利でおすすめですが、③スカイトレイン・公共バスの乗り継ぎ もそれほど面倒ではないのでご紹介します。

 

長所は、

・もっとも安い=合計$23.40(土休日・平日の午後6時以降は$22.15)

・現地の生活に近い

 

短所は、

・時間が他に比べてかかる(とはいっても、接続がうまくいけば約4時間ですむ。乗車時間そのものは合計3時間20分)

・乗り換えが合計3回あるので、荷物が多い人には向かない。路線バスには荷物専用の置き場はない

 

 

 

 

それではさっそく行ってみましょう。

 

まずはスカイトレインのカナダラインに乗車です。

バンクーバー空港(YVR Airport)行き、リッチモンド(Richmond)行きが交互に出発しますが、どちらに乗っても大丈夫です。

 

 

フェリー乗り場までは、2ゾーン($4.00)の切符を買います。券売機ではクレジットカードが使えます。

土・日・祭日と、平日の午後6時半以降は全区間が1ゾーン($2.75)になるので、お得です。

 

 

 

 

スカイトレインはバンクーバー市内は地下鉄ですが、やがて地上に出てMarine Drive駅に到着。

フレイザー川を渡って、次の駅がBridgeport駅で、ここで下車します(Waterfront駅から19分)。

 

ホームは3階、出口は1階です。

ホームの空港寄りの端にエレベーターがあるので、スーツケースなど重い荷物の人は利用するとよいでしょう。階段は結構長いです。

途中の2階では、となりのカジノへつながる出口がありますので、そちらに行ってしまわないように。

 

 

1階はバスターミナルに直結しています。

たくさんの乗り場から、いろんな行き先のバスが出ていますが、「Bay 4」の乗り場を探してください。

すぐに見つかるはずです。ここから「620番 Tsawwassen」行きに乗ります。

なんて発音するかって?心配いりません。First Nation(先住民)の言葉を使っている地名で、現地の人もオリジナルの発音はうまくできないので。カタカナにすると、「ツォワッセン」のように発音する人が多いように思います。

 

 

 

スカイトレインに乗るときに買った切符をそのままバスでも使います。

この620番は普通の路線バスなので、スーツケース置き場などは特にありません。旅行者が多くて大きい荷物の人もたくさんいるので、ぜんぜん気にする必要はありません。荷物がコンパクトな方がよいのはもちろんのことです。

 

バスはのんびりと田園地帯を走り続け、36分でフェリー乗り場のTsawwassenまで直行です。

終点で降りると、目の前にフェリー乗り場があるので、ここで迷うことはありません。

 

窓口のある切符売り場と、自動券売機があります。ビクトリア側のターミナルSwartz Bayまでの切符を買います。($16.90)

クレジットカードがあると、スムーズに切符が買えるのでおすすめです。

Thanksgivingやクリスマスのような人々が殺到する時期を除けば、予約しておかなくとも直近の便の切符を買うことができます。

 

Tsawwassenからのフェリーには、ビクトリア方面以外にもさまざまな行き先のフェリーが出ているので、必ずSwartz Bay行きかどうかを乗り場で確認しましょう。

 

 

1時間半の船旅(軽食コーナーや売店、みやげ物屋あり、無料Wifi付)を楽しみましょう。

ここにかかる時間は、直通バスであろうが、車だろうが、ツアーだろうが皆一緒です。

 

 

 

Swartz Bayのフェリーターミナルに着きました。

複雑なターミナルではありません。とりあえずまっすぐ歩いて外に出ましょう。

 

 

 

フェリーターミナルの出口右前方にバス乗り場があります。

ビクトリア市内に行くのは、70X系統(急行バス 約50分)と72系統(各停バス 約1時間半)です。

ほとんどの場合フェリーに接続しているので、寄り道しないでまっすぐバス乗り場に向かって乗り遅れないようにしましょう。

 

 

 

時間に余裕があるのなら、72系統の各停バスでのんびり行くのもよいのですが、1時間半は結構長いです。

乗車前に番号をきちんと確かめて、できれば70X(急行バス)に乗りましょう。

 

料金はどちらも$2.50です。

カードは使えず、お釣りも出ません。小銭をフェリー乗船中に用意しておきましょう。

 

 

ということで、他に比べてそれほど時間はかからず、値段はもっとも安いビクトリアへの行き方をご紹介しました。

 


 
Share this page
 

5 Comments

  1. いくつか記事を読ませていただきました。 来月初めてバンクーバーとビクトリアに行く身としては色々な情報が得られ、ありがたいです。質問なのですが… すべて交通機関でターミナルまで行こうと考えています。スワーツベイからツワッセンにフェリーが着いてからの話なのですが、#620のバスはフェリーと接続してますか? 直行バスに乗ってもいいのですが、最終便の15:45にビクトリアを去ると、日帰り旅行だともったいないような気がします。 ビクトリアに友達がいて、夜ご飯をダウンタウンで食べていこうとすると21時発のフェリーが一番いいような気がするのですが、バンクーバーで市バス(23:00発)に乗り遅れてしまうのではないかととても心配しております…

     
    • >あさ様

      おっしゃる通り、オフシーズンは直通バスの本数が少ないので日帰りには向きません。
      市バスは最終のフェリーに接続しているので大丈夫ですよ。

      #70バス   午後7時45分ビクトリアダウンタウン発→午後8時40分頃Swartz Bayフェリーターミナル
      #フェリー  午後9時Swartz Bay出航→午後10時35分 Tsawwassen到着
      #620バス   午後11時Tsawwassenフェリーターミナル→午後11時32分頃Bridgeport(ブリッジポート)駅 →スカイトレイン乗り換え

      というスケジュールで、ビクトリアを午後8時前に出て、バンクーバーに午前0時頃に到着します。
      遅い到着時間にもかかわらず、この最終便を利用する人は結構いるので、不安になることはありません。
      #620バス(約30分)で確実に着席するために、フェリーが到着する前から船の出口付近に移動する人が結構います。

      フェリーは穏やかな内海を行くので、時間はとても正確ですし、万が一遅れても#620のバスが待っていないということはないでしょう。必ず#620バスに乗れると言えます。

      ビクトリア市内のどのバス停から乗るか、何曜日に乗るかによって#70バスの時間は少しずれるので、必ず利用日のものを確認してください。最終のフェリーと#620バスの時刻は平日も土日も変更ありません。

      よい旅を!

       
      • 詳しく時間までありがとうございます!! 下調べしておきます! 市バスのことは安心しました。9時の最終便でバンクーバーに戻りたいと思います。

        本当に詳しく、ありがとうございました!!

         
  2. こんにちは。記事とても参考になります!私は1ヶ月ほど知り合いのシェアハウスに来ているのですが、英語ができないため1人で行くのは少し不安です。今日が1日なのでをホルドン駅(住)からダウンタウン(ウォーターフロント)までの2ゾーン定期買うか迷っています(1週間の学校以外にあまり外出の予定がないため)
    もし定期を買った場合、リッチモンドまで定期で行けるのでしょうか?ホルドン駅からだと3ゾーンだから、追加料金がかかるのかな?写真のリッチモンド行きの(空港で買った)券は見た目が特殊だから、そのままバスも使えるのですか?
    質問が多くてごめんなさい。今週の土日に行けたら行きたいので、よろしくお願いします。

     
    • >ふう様
      Holdom駅ということでよいですか? 定期というのはMonthly Pass(1か月券)のことだと思いますが、2ゾーン券は1か月$124と高いので、あまり外出の予定がないのであれば元はとれないと思います。
      というのも、平日は午後6時半以降、土日祝日はすべて1ゾーンになるので、今週の土日にリッチモンドに行くのであれば1ゾーン料金ですみます(平日の午後6時半までの乗車ならHoldom~リッチモンドは2ゾーン料金です)。語学学校の帰りも、ダウンタウンでブラブラして午後6時半以降に戻ると1ゾーン料金です。

      知り合いにCompassカードの使い方を教わるのがおすすめです。日本のスイカやパスモのようなもので$6のデポジットが必要ですが、スタジアム-チャイナタウン駅で返却すれば$6戻りますし、持っていたとしても、$124のMonthly Passほどは無駄にならないと思います。

       

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です